日本ポジティブサイコロジー医学会
Japanese Positive Health Psychology Society 会員専用ページ 日本ポジティブサイコロジー医学会

学術集会・セミナーのご案内

学術集会

第2回日本ポジティブサイコロジー医学会学術集会


会 長 : 佐久間 啓(あさかホスピタル院長)
会 期 : 2013年10月18日(金)
※19日(土) 特別企画プログラム
会 場 : リステル猪苗代
〒969-2696 福島県耶麻郡猪苗代町大字川桁リステルパーク
参加費 : 会員参加費 5,000円、非会員参加費 8,000 円
懇親会参加費 3,000円
特別企画参加費(19日) 5,000円(材料費含む)
単 位 : 日本抗加齢医学会 2単位(更新用・受験用)
※18日全プログラムに参加した場合。
一般演題募集のご案内

参加登録はこちら
FAXでのお申し込みはこちら PDFダウンロード

第2回学術集会プログラム抄録集
<プログラム>

10月18日(金)

12:50~13:00開会挨拶 (理事長:大野  裕、会長:佐久間 啓)
13:00~13:40 ランチョンセミナー 「ポジティブ思考と現代型のうつ病について」
共催:持田製薬株式会社
演者:徳永雄一郎(不知火病院理事長)
座長:佐久間 啓(あさかホスピタル院長)
13:40~14:10 講演1 「Positive 情動の認知神経科学」
演者:高橋 英彦(京都大学医学部附属病院精神科神経科准教授)
座長:宮岡  等(北里大学医学部精神科学主任教授)
14:10~14:40 講演2 「若者たちがこれからの人生を成功させるこつはこれだ!」
演者:須賀 英道(龍谷大学保健管理センター)
座長:堀越  勝(国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター研修指導部長)
14:40~15:20Poster Viewing Time
15:20~16:30招待講演 「Positive Wellbeing and Physical Health」 ※逐次通訳
演者:Andrew Steptoe (Professor, University College London)
座長:坪田 一男(慶應義塾大学教授、SFC 研究所ヘルスサイエンスラボ代表)
16:30~16:40小休憩
16:40~17:30会長講演 「幸せな地域社会と目指して」
演者:佐久間 啓(あさかホスピタル院長)
座長:大野  裕(国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センターセンター長)
17:30~18:00 講演3 「ちょっと見方を変えてみませんか~りんごは丸い?!~」
演者:村田 真由美(株式会社RBR代表取締役)
座長:海原 純子(日本医科大学特任教授)
18:00~18:05閉会挨拶 (会長:佐久間 啓)
18:30~20:00懇親会

10月19日(土)

日本ポジティブサイコロジー医学会特別企画
RBR プログラム「See with Your Fresh Eyes! – Nothing is Impossible」

日 時 : 10月19日(土)9:30~15:00
会 場 : リステル猪苗代 本館 2F 宴会場
講 師 : 岸 美佐子(RBR 講師、東京芸術大学卒)

参加対象 : 第2回学術集会参加者
参加費・材料費 : 5,000円(昼食代は含みません)
定 員 : 30名(事前申込制・先着順)

事前課題:

A4のコピー紙に鉛筆で簡単にご自分の「手」を描いてきてください。
1、2分間で簡単に書いてきていただいて構いません。
「手」の ポーズはどのような形でも結構です。

※本プログラムは事前登録制です。お申し込みはこちら。


<参加者へのご案内>

参加受付

1) 参加費

参加費金額
 5,000円
非会員8,000円
懇親会3,000円
特別企画(19日)5,000円
会員・非会員参加費には、お弁当代、プログラム抄録集代(当日配布)を含みます。
特別企画参加費には、材料費が含まれます。昼食代は別です。
学会ホームページから事前参加登録が可能です。特に、19日のプログラムは定員制ですので、お早目のご登録をお勧めします。

2) プログラム抄録集

1 部 1,000 円
日本ポジティブサイコロジー医学会会員の方は、学会ホームページ会員専用ページから抄録集のダウンロードが可能です(9月18日より公開)。
印刷媒体のプログラム抄録集は、第2回学術集会参加者に当日受付で配布します。事前送付は行いませんので、ご了承ください。

3) 認定単位

日本抗加齢医学会認定単位(更新用・受験用) 2単位
単位取得のためには、第2回学術集会への参加事前登録、並びに、日本抗加齢医学会会員IDの事前申告、また、18日全プログラムへの参加が必須となります。ご注意ください。

4) 受付時間・場所

<10月18日(金)>
時 間: 12:00~18:00
場 所: リステル猪苗代 ボールルーム天鏡 前

<10月19日(土)>
時 間: 9:00~ 9:30
場 所: リステル猪苗代 本館 2F 宴会場 前


5) 受付方法

<参加事前登録がお済の方>
参加事前登録、参加費がお支払い済みの方には、参加登録証をお送りします。
受付時、登録証をご提示いただき、ネームカードとプログラム抄録集をお受け取りください。

<当日登録の方>
参加費をお支払いの上、ネームカードとプログラム抄録集をお受け取りください。

<特別企画(19日)にご参加の方>
18日に参加登録がお済の方でも、必ず受付をお通りください。


6) その他

会期中はネームカードを必ずご着用ください。


参加者サービス・ご案内

1) 学会専用バス

郡山駅・リステル猪苗代間学会専用バス(参加事前登録者用)
10月18日(金) 郡山駅乗車:北口ロータリー(ビッグアイ前)
 11:30 郡山駅発 ⇒ 12:30予定 リステル猪苗代着
18:15 リステル猪苗代発 ⇒ 19:15予定 郡山駅着
20:15 リステル猪苗代発 ⇒ 21:15予定 郡山駅着
10月19日(土) リステル猪苗代乗車:ウィングタワー正面玄関
15:15 リステル猪苗代発 ⇒ 16:15予定 郡山駅着

※ 19日の専用バスは、特別企画プログラム参加者のみ利用が可能です。


2) クローク

リステル猪苗代内クロークをご利用ください。


3) 駐車場

リステル猪苗代駐車場をご利用ください。駐車場代は無料です。


4) 昼食

ランチョンセミナーでお弁当をご用意いたします。


5) 懇親会

 10月18日(金)18:30~20:00
 リステル猪苗代 ボールルーム天鏡
参加費3,000円

6) 会場での録音・録画

講演会場内での録音、写真およびビデオ撮影は、禁止されておりますのでご遠慮ください。


<講演者・ポスター演者へのご案内>

発表方法(講演者)

1)PCでの発表のみとさせていただきます。発表データは「Microsoft PowerPoint 2007」で作成し、「PC本体」または「USBメモリ」をご持参ください。なお、Macintosh でデータを作成された場合、動画のあるプレゼンテーションを行う場合は、PC本体をお持込みください。
2)必ず、ウイルス定義データを最新のものに更新した状態のセキュリティーソフトで、データがウイルス感染していないことを確認した上でデータをお持込みください。
3)講演予定時間の30分前までに、講演会場内、PCオペレーター卓で発表データ・PCの試写を行ってください。
4)学会会場内でプリントアウトはできません。必要な場合は各自でご準備ください。
5)「PC本体」のお持込、「USBメモリ」のお持込、いずれの場合も必ず他メディアにてバックアップをご準備ください。

PC本体をご持参される方

1)ACアダプターは必ずご用意ください。
2)会場で用意するPCケーブルコネクタの形状は、Mini D-sub15ピンです。この形状に変換するコネクタを必要とする場合には必ずご自身でお持ちください。
3)ノートPCから外部モニターに正しく出力されるか、事前に確認をしてください。
4)スクリーンセーバーや省電力設定、起動時パスワードを解除しておいてください。
5)動画・音声をご使用の場合は、実際にお持込いただくPC で再生できることを事前に必ずご確認ください。音声の使用がある際、オペレーターにその旨をお伝えください。

USBメモリをご持参される方

1)本学会で使用するPC 環境は「OS:Windows 7」、「アプリケーション:PowerPoint 2007」です。必ず作成したPC 以外で事前チェックをしてください。
2)文字化けを防ぐため、日本語フォントはMSゴシック・MSPゴシック・MS明朝・MSP明朝、英語フォントはCentury・Century Gothic・Arial・Times New Romanをご利用ください。

ポスター発表演者

1)ポスターの大きさは、演題部分(演題名、演者名、所属)が横70cm×縦20cm、本文は、横90cm×縦160cm です。
2)ポスター会場はリステル猪苗代 ボールルーム天鏡です。ご自身の演題番号のパネルに貼付をお願いします。
3)貼付は10月18日(金)の13時半まで、撤去は18時以降にお願いします。掲示用の押しピン、演者用リボンは、パネルに設置されています。
4)座長の進行によるポスターディスカッション、また、ポスター討論時間は設けません。Poster Viewing Time(14:40~15:20)に、ご自身のポスターの前に待機いただき、ご自由に討論をお願いたします。

Page Top
Copyright (C) Japanese Positive Health Psychology Society. All Rights Reserved.