日本ポジティブサイコロジー医学会
Japanese Positive Health Psychology Society 会員専用ページ 日本ポジティブサイコロジー医学会 入会登録

学術集会・セミナーのご案内

学術集会

第8回日本ポジティブサイコロジー医学会学術集会


本学術集会会長からのメッセージ

 11月16日に第8回学術集会が開催されます。すでにお伝えしましたように、マーティン・セリグマン氏、エド・ディーナー氏、タル・ベン・シャハ―氏、ライル・アンガ-氏の動画メッセージが放映されます。

 同時に午前中には、「ポジティブ精神医学の意義と可能性ー『ポジティブ精神医学』刊行を記念して」というシンポジウムが開催されます。これは、本学会監修の翻訳書の刊行を記念するシンポジウムで、監訳者(大野裕・三村將)や訳者(沢宮 容子・奥山 真司)の先生方によるものです。

 もう一つの特色として、本大会は「ポジティブサイコロジーと働き方」というテーマとして、これに関して午後に坪田一男先生の教育講演や二つのシンポジウム「働く人の幸せ(1・2)」が行われます。ビジネスや医療の世界の働き方について、研究者のほか、現場で働いている企業家や実務家にもご登壇いただきます。初めのシンポジウムは「医療者・研究者の視点から」のもので、いま話題のワーク・エンゲイジメント、コーチング、セルフコンパッションなどの専門家(島津明人先生、西垣悦代先生、秋山美紀先生)が登壇されます。続くシンポジウム「実務家・経営者の視点から」では、産業界で著名な青野慶久社長(サイボウズ)・島田由香取締役(ユニリーバ・ジャパン)と座長の前野隆司先生との対談が行われます。

 昨今は働き方改革という言葉もよく使われておりますので、ポジティブサイコロジーの観点から有意義な知見や示唆を提供することを目指しています。そこで医療関係者はもとより、ビジネスなど様々な仕事に関わっている方々にもぜひご来場していただきたいと思っております。

第8回日本ポジティブサイコロジー医学会学術集会会長
小林 正弥


会 期 : 2019年11月16日(土)
会 場 : 慶應義塾大学 三田キャンパス
単 位 : 日本抗加齢医学会 3単位(更新用・受験用)
日本医師会認定産業医制度における生涯研修会(専門研修:3単位)
会 長 : 小林 正弥
(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科特別招聘教授、
 千葉大学大学院社会科学研究院教授)

一般演題募集のご案内
参加登録はこちら

事前参加登録・締切り日
2019年10月25日(金)23時59分
※25日(金)以降は当日参加受付にお越しください。



<プログラム・スケジュール>

※各セッションの開催時間は、今後のプログラム調整で多少前後する可能性があります。
ご了承ください。

10:00-10:10開会の挨拶
10:10-10:30 シンポジウム1 「ポジティブ精神医学の意義と可能性」
(80分 / 講演各20分・質疑応答・ディスカッション20分)
演者:沢宮 容子(筑波大学人間系教授)
奥山 真司(トヨタ自動車株式会社人事部統括精神科医・主査)
三村  將(慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室教授)
座長:大野  裕(一般社団法人認知行動療法研修開発センター理事長)
11:30-12:10 会長講演 「応用ポジティブサイコロジーの学際的展開と働き方」
(40分 / 講演30分・質疑応答10分)
演者:小林 正弥
(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科特別招聘教授・千葉大学大学院社会科学研究院教授)
座長:須賀 英道(龍谷大学短期大学部)
12:10-12:50 特別企画 「本学会への国際的メッセージ」(国際交流関係)
(40分 / 動画15分・解説25分)
動画:
マーティン・セリグマン(ペンシルベニア大学ポジティブサイコロジーセンター長)
エド・ディーナー(イリノイ大学名誉教授)
タル・ベンシャハー(Happiness Study Academy 代表)
ライル・アンガ-(ペンシルベニア大学コンピューター情報科学部教授)
12:50-13:50昼休憩
13:50-14:30 一般演題ポスター発表
14:30-15:10 教育講演 「ごきげんな起業のススメ」
(40分 / 講演30分・質疑応答10分)
演者:坪田 一男(慶應義塾大学医学部眼科学教室教授)
座長:佐久間 啓(あさかホスピタル院長)
15:10-16:30シンポジウム2 「働く人の幸せ(1)医療者・研究者の視点から」
(80分 / 講演各20分・質疑応答・ディスカッション20分)
演者:島津 明人(慶應義塾大学総合政策学部教授)
西垣 悦代(関西医科大学医学部心理学教室教授)
秋山 美紀(東京医療保健大学医療保健学部看護学科准教授)
座長:小玉 正博(埼玉学園大学人間学部長)
16:30-16:40小休憩
16:40-17:50シンポジウム3 「働く人の幸せ(2)実務者・経営者の視点から」
(70分/ 講演各20分・質疑応答・ディスカッション30分)
演者:青野 慶久(サイボウズ株式会社代表取締役社長)
島田 由香(ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
取締役人事総務本部長)
座長:
前野 隆司(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)
17:50-18:00 閉会の挨拶
18:10-19:30 懇親会

<参加者へのご案内>

参加受付

1) 参加費

学術集会参加費金額
 10,000円
非会員14,000円
会員(学生)7,000円
非会員(学生)11,000円
懇親会費金額
 8,000円慶應義塾大学三田キャンパス南館カフェテリア
会員・非会員参加費には、プログラム抄録集代(当日配布)を含みます。
学会ホームページから事前参加登録が可能です。
学生申込みの場合、大会受付時に学生証のご提示が必要となります。

2) プログラム抄録集

1 部 1,000 円
印刷媒体のプログラム抄録集は、第8回学術集会参加者に当日受付で配布します。事前送付は行いませんので、ご了承ください。

3) 認定単位

日本抗加齢医学会認定単位(更新用・受験用) 3単位(申請中)
単位取得のためには、第8回学術集会への参加事前登録、並びに、日本抗加齢医学会会員IDの事前申告、また、16日の全プログラムへの参加が必須となります。ご注意ください。

4) 受付時間・場所

<11月16日(土)>
時 間: 9:30~18:00
場 所: 慶應義塾大学 三田キャンパス


5) 受付方法

<参加事前登録がお済の方>
受付時、ご登録頂いたお名前を受付スタッフにお伝えし、ネームカードとプログラム抄録集をお受け取りください。

<当日登録の方>
参加費をお支払いの上、ネームカードとプログラム抄録集をお受け取りください。


6) その他

会期中はネームカードを必ずご着用ください。


参加者サービス・ご案内

1) 昼食

※本学術集会はランチョンセミナーがございません。


2) 懇親会

  11月16日(土)
 慶應義塾大学三田キャンパス南館カフェテリア
参加費8,000円

3) 会場での録音・録画

講演会場内での録音、写真およびビデオ撮影は、禁止されておりますのでご遠慮ください。


4) 事務局

日本ポジティブサイコロジー医学会 事務局
107-0062 東京都港区南青山2-26-35-8F
Tel: 03-5775-2075 Fax: 03-5775-2076 E-mail: info@jphp.jp


<講演者・ポスター演者へのご案内>

発表方法(講演者)

1)PCでの発表のみとさせていただきます。発表データは「Microsoft PowerPoint 」で作成し、「PC本体」または「USBメモリ」をご持参ください。なお、Macintosh でデータを作成された場合、動画のあるプレゼンテーションを行う場合は、PC本体をお持込みください。
2)必ず、ウイルス定義データを最新のものに更新した状態のセキュリティーソフトで、データがウイルス感染していないことを確認した上でデータをお持込みください。
3)講演予定時間の30分前までに、講演会場バックヤード、PCオペレーター卓で発表データ・PCの試写を行ってください。詳細につきましては、受付にてご案内させていただきます。
4)学会会場内でプリントアウトはできません。必要な場合は各自でご準備ください。
5)「PC本体」のお持込、「USBメモリ」のお持込、いずれの場合も必ず他メディアにてバックアップをご準備ください。

PC本体をご持参される方

1)ACアダプターは必ずご用意ください。
2)会場で用意するPCケーブルコネクタの形状は、Mini D-sub15ピンです。この形状に変換するコネクタを必要とする場合には必ずご自身でお持ちください。
3)ノートPCから外部モニターに正しく出力されるか、事前に確認をしてください。
4)スクリーンセーバーや省電力設定、起動時パスワードを解除しておいてください。
5)動画・音声をご使用の場合は、実際にお持込いただくPC で再生できることを事前に必ずご確認ください。音声の使用がある際、オペレーターにその旨をお伝えください。

USBメモリをご持参される方

1)本学会で使用するPC 環境は「OS:Windows 7」です。必ず作成したPC 以外で事前チェックをしてください。
2)文字化けを防ぐため、日本語フォントはMSゴシック・MSPゴシック・MS明朝・MSP明朝、英語フォントはCentury・Century Gothic・Arial・Times New Romanをご利用ください。

ポスター発表演者

1)ポスターの大きさは、演題部分(演題名、演者名、所属)が横60cm×縦20cm、本文は、横80cm×縦149cm です。
2)ポスター会場は後日メールにてご連絡致します。
ご自身の演題番号のパネルに貼付をお願いします。
3) 貼付は11月16日(土)12:30までにお願いいたします。
掲示用の両面テープ、演者用リボンは、パネルに設置されています。
4)座長の進行によるポスターディスカッション、また、ポスター討論時間は設けません。Poster Viewing Time(13:00~13:40)(40分)に、自由に討論をお願いたします。

Page Top
Copyright (C) Japanese Positive Health Psychology Society. All Rights Reserved.