日本ポジティブサイコロジー医学会
Japanese Positive Health Psychology Society 会員専用ページ 日本ポジティブサイコロジー医学会 入会登録

本学会について

趣旨・背景
理事・評議員一覧
会則
入会登録
沿革

理事一覧

理事長
大野  裕
一般社団法人認知療法研修開発センター理事長
従来の医学は、疾病の理解と治療に目を向けてきました。それはそれで重要ですが、その一方で、医学的治療だけでなく、私たちが持つ精神的、身体的強みやしなやかさが、疾病の治癒過程はもちろんのこと、心身の健康の維持や疾病予防に大きな役割を果たすことが明らかになってきました。そうした強みやしなやかさは、いわゆる生まれや育ちだけでなく、思春期以降の体験も大きく影響します。私たちはいくつになっても成長し続けるからです。こうした理解のもと、ポジティブサイコロジー医学会は、それぞれの人が自分の力を上手に活かしながら自分らしく生きていくのを支援できるように、私たち人間の持つ強みやしなやかさの本質を科学的に解明することを目的に設立されました。こうした領域に関心をお持ちの多くの専門家の皆様の参加をお待ちしています。
副理事長
坪田 一男
慶應義塾大学教授、SFC 研究所ヘルスサイエンスラボ代表
僕が人生の信条としてきた「ごきげんに生きる!」がサイエンスになりつつあります。「Happy People Live Longer!」をテーマに、健康とごきげんをさらに科学的に深めていきたいと思います。

理事
海原 純子
日本医科大学特任教授
順調な時は簡単ですが、困難な状況でポジティブな視点に立つのは難しいですね。
ちょっと違うスタンスで物事をとらえるのは生き抜く力、そんな力を育てていきましょう。
私は猫の手をときどき借りてます。
小玉 正博
埼玉学園大学人間学部長
本学会の設立によって、従来の病気治療にのみ焦点づけてきた考え方を超えて、ポジティブ心理学の成果と方法論に基づいた新しい医療モデルが構築されることと、それに依拠した新しい臨床実践が展開することを期待しています。
小林 正弥
千葉大学大学院社会科学研究院教授
ポジティブな考え方は、「善き人生」のための秘訣です。対話を通じて自分の考えを深めながら、楽観的で前向きの思考を培いましょう。それによって、心身共に健康になり、健全な社会が生まれていくと思います。
佐久間 啓
あさかホスピタル院長
私は仕事柄、悩みや困難を乗り越える姿から、人間の前向きに、力強く生きる力を強く感じます。今回、この学会を通して、福島県民の1人として、皆さんと共に、被災後の私達の可能性や生き方を考えたいと思います。
須賀 英道
龍谷大学 保健管理センター教授
やっぱり、生きている自分が好きになれることです。自分の行動や周囲との関わりを肯定的に捉えることがウェルビーイングの基本です。さらにそれを個人目標とせず、社会的ネットワークに乗せて拡大することです。本学会はその提供の場なのです。
高橋 英彦
京都大学医学部附属病院精神科神経科准教授
患者さんだけでなく、多くの人に会ってきて”笑う門には福来る”を改めて痛感しています。この分野のサイエンスを実現し、患者さんや仕事の仲間が笑顔になれるように、本学会をとおして楽しく、生産的に仕事をしていきたいと思います。
豊嶋 良一
埼玉医科大学名誉教授
嬉しいときは嬉しいし、悲しいときは悲しい。生きてるって、そういうものですよね。
私たち一人一人が、生命として生まれたことをポジティブに享受して生きていける、そういう社会を、この学会をとおして求めていきませんか。
堀越  勝
国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター研修指導部長
物事には、ポジティブな部分もあればネガティブな部分もあります。偏った見方は人々を悩ませます。「物は考えよう」です。ネガティブばかりでなく、ポジティブな面にも目を向けて研究する時が来ているような気がします。
前野 隆司
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科委員長
幸せの工学的研究という立場から本学会にお役に立てればと思っています。
幸せな人は、強みを持ち、感謝し、ポジティブで、自分らしく生きる人。ともに、世界中の人が幸せな世界を創りましょう!
水野 雅文
東邦大学医学部精神神経医学講座教授
三村  將
慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室教授
「簡単にポジテイブになれれば苦労はないよ・・・」そう思う人もおられると思います。しかし、どんな人でも、それぞれ自分に合った形で考えを前向きにシフトしていく方法は必ずあります。皆で知恵を出し合いましょう。
宮岡  等
北里大学医学部精神科学主任教授
体の医学でも心の医学でも、病気を治すだけでなく、より健康度を高める医学が求められるようになりました。身体医学と心理学と精神医学がどう力を出し合えるのか、専門家とされる者にとっても試練の時期だと思います。
評議員一覧
秋山 美紀
東京医療保健大学医療保健学部看護学科准教授
伊藤 正哉
国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター研修指導部研修普及室室長
稲垣 久和
東京基督教大学国際キリスト教福祉学科教授
大坪 天平
東京新宿メディカルセンター精神科・心療内科主任部長
川島 素子
慶應義塾大学医学部眼科学教室特任講師
菊地 俊暁
杏林大学医学部精神神経科学教室講師
佐渡 充洋
慶應義塾大学医学部精神神経科学教室助教
島井 哲志
関西福祉科学大学心理科学部教授
高橋 龍太郎
医療法人こころの会タカハシクリニック院長
田島 美幸
独立行政法人国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター臨床技術開発室長
津田 彰
久留米大学文学部教授
徳永 雄一郎
不知火病院理事長・院長
中川 敦夫
慶應義塾大学医学部クリニカルリサーチセンター特任講師
藤澤 大介
慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室講師
別部 尚司
別部オーラルヘルスケア&クリニック院長
渡辺 光博
慶應義塾大学政策・メディア研究科ヘルスサイエンスラボ教授
伊藤 雅之
愛知学院大学文学部国際文化学科准教授
加藤 眞三
慶應義塾大学看護医療学部教授
御法川 なみ
オックスフォード大学プライマリーケアーヘルスサイエンス学部
坂元 薫
東京女子医科大学神経精神科教授
山本 眞利子
久留米大学文学部准教授
沢宮 容子
筑波大学人間系教授
木村 利人
早稲田大学名誉教授・ジョージタウン大学・ケネディ倫理研究所特任研究員
鏑木 淳一
日本テレビ汐留診療所所長
西垣 悦代
関西医科大学医学部心理学教室教授
Page Top
Copyright (C) Japanese Positive Health Psychology Society. All Rights Reserved.